薬剤師の人が転職をするにあたり、どのような方法があるのでしょうか?当サイトでは、代表的な転職先の探し方を解説させていただきます。

まず、転職を検討している多くの人が利用する、以前からある転職先の探し方としてハローワーク(公共職業安定所)があります。厚生労働省が設置する行政機関で、求人情報の検索や応募などを行なうことが可能です。

ハローワーク以外に、インターネットの普及によって登場した転職先の方法が、医療機関などのホームページに載っている求人情報をみて応募する方法です。検索エンジンを利用して働きたい地域、医療機関の名称などを検索ワードとして指定し、希望に合った医療機関などを探します。

インターネットの普及に伴い多くの人が利用するようになった方法としてはほかに、転職サイトを利用する方法があります。検索エンジンは求人情報だけでなくあらゆる情報を検索することが可能であるのに対し、転職サイトはそのサイトに登録されている求人情報の検索に特化しています。希望条件などを指定して自分で検索するサイトだけでなく、担当者がヒアリングし、自分に合った求人情報を紹介してくれる転職サイトもあります。

主に上記のような方法が薬剤師の転職方法としてはありますが、各方法にはメリットもあればデメリットもあります。このサイトではハローワーク、ホームページ、転職サイトの特徴を解説していますので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。