Archives

転職サイト

まず、ハローワークはハローワークインターネットサービスで求人情報の閲覧は可能ですが、ハローワークを通して応募するには窓口まで直接行かなければいけません。在職中の人はハローワークが開いている曜日・時間に行きにくいのが難点ですが、転職サイトはメンテナンスなどを除いてほぼ24時間365日稼動しており、求人情報に直接応募することも可能です。

希望などを伝えておくことにより、その希望に合った医療機関などを紹介してくれる転職サイトもあります。転職サイトによっては履歴書や職務経歴書の記載方法のアドバイスや面接対策、転職先との条件交渉などまで行なってくれるところもあります。

また、検索エンジンを利用すると薬剤師の転職とは無関係な情報まで検索結果として表示されてしまいます。その点、転職サイトは求人情報に特化しているため、転職活動とは関係のない情報までヒットしてしまうことはありません。さらに希望の条件を指定することができるため、希望に合わない求人情報をいちいち見てしまうような非効率さもないです。

なお、転職サイトの登録・利用にお金がかかることはありません。この点も転職サイトを利用するメリットのひとつといえるでしょう。またこうした薬剤師の転職サイトを集めて掲載している比較サイトなどもありますので、参考にしてみると良いでしょう。

ホームページ

医療機関などのホームページには、求人情報が掲載されていることがあります。ある程度、転職先の候補を絞り込むことができている場合には、医療機関などの名前を検索ワードとして指定し、ホームページの採用情報をチェックします。絞り込むことができていない場合には、仕事をしたい地域や調剤薬局、ドラッグストア、病院などを検索ワードとして指定すると、その地域にある医療機関などのホームページがヒットし、訪問してみると採用情報が掲載されていることがあります。薬剤師会のホームページで求人情報を確認してみるのも良いでしょう。

このような方法は、24時間365日できるところがメリットといえます。掲載されている採用情報に直接応募が可能な場合が多いこともメリットといえるでしょう。

ただ、自分で検索エンジンを駆使し、転職先の候補を探すことにはデメリットもあります。うまく検索ワードを指定しなければホームページが見つかりにくい点、求人情報への応募などの就職活動は基本的にすべて自力でこなさなければいけない点などをあげることができます。

また、自分の希望の条件に合っているかどうかは、検索してヒットした医療機関などのホームページの内容を一件一件チェックしてみるまでわからないという時間と手間がかかる点もデメリットといえるでしょう。

ハローワーク

薬剤師免許を取得している人がハローワークを利用して転職をするメリットですが、自分で直接応募することが不可能な求人情報が見つかる場合があります。求人情報誌や求人サイトなどほかの媒体に掲載していない医療機関など、ハローワークのみに登録しているところの場合はハローワークの紹介状が必要として、個人による直接応募はまず取り合ってくれません。応募しようとしたところで、ハローワークで紹介状を得ることを求められて終わってしまいます。

このような求人の中に好条件のところがある可能性があります。ハローワークに登録されている求人情報が、ハローワークインターネットサービスで閲覧可能な点もメリットに含まれます。

しかし、ハローワークインターネットサービスは閲覧のみで、ハローワークを通して応募することはできません。ハローワークを通して求人情報に応募するためには、ハローワークまで直接行く必要があります。現状ですでに仕事をやめてしまっている人は良いのですが、在職中の人にとってこの点はデメリットになってしまうでしょう。平日の昼間にしか開いていないため、仕事をしているとなかなかハローワークが開いているときに行く時間を確保することができません。